磐田市立福田小学校

Tel. 0538-55-2129  Fax. 0538-55-2766
〒437-1205 静岡県磐田市下太380番地



 

学府教育目標:互いを認め 未来をともに創る子
※ 令和4年度より、はまぼう学府内小・中学校の教育目標を学府教育目標に合わせることとしました。

 
新規日誌10
1234
2022/07/20

車いす体験から感じてほしいこと(4年 総合)

| by 管理者
 この日(7月20日)の4年生は、市社会福祉協議会の方々をお招きして、体育館にて車いす使用者の気持ちを理解する体験を行いました。6台の車いすを準備していただき、6人の方々に直接指導していただきました。各学級1時間ずつ体験することができました。
 車いすに乗るときやたたむときにはブレーキを掛けることや足を置くところをたたんでおくことなどを教わった後、大きく2つのことを体験しました。


 まず、自分で車いすに乗り走らせることを行いました。小グループになり、順にマットの周りを車いすで回るというものです。自分の足で歩くのならば簡単なのですが、車いすを操るとなるとどうやってカーブを曲がればよいのか分かりません。そのうえ、曲がるときにマットに車いすが乗り上げてしまうこともあって、思った以上に難しいものです。


 次に、車いすに乗っている人を介助するという体験です。マットの段差を昇り降りするのですが、車いすに乗ってみると、この段差が恐怖に感じるものです。そのうえ、段差につまずいてしまうと車いすから落ちてしまうかもしれません。そういったことを考慮しながら車いすを押してあげるのはなかなか難しいものです。さらに「何も言わずに急に押すとびっくりさせてしまうよ」とアドバイスを受けても、どうやって声を掛けて良いのかも思いつきません。

 「実際に乗ってみると、見ているときよりも速く感じた」「カーブを曲がるのが思った以上に難しかった」など、様々な感想が出されました。今日の体験を通して「楽しかった」で終わるのではなく、実際に感じたことを通して自分たちにできることは何かを考えることができ、「バリアフリー」の実践者にまた一歩近づいたようです。


12:45 | 4年生
2022/07/15

各委員会の委員長が5年生に対して委員会紹介を行う

| by 管理者
 今年度から、5年生の委員会への参加を2学期と早めたために、この日(7月15日)のロング昼休みの時間には、各委員会の委員長が放送室に集まり、5年生に対して委員会の紹介を行いました。5年生は、各学級の教室にてリモートで聴くことにしました。各委員長からの放送概要は以下のとおりです。

<企画委員会>
学校の大事なイベントや行事を企画します。学校の中心となる委員会です。常時活動として、国旗の上げ下ろし、朝の校門でのあいさつ運動、代表委員会の司会進行などがあります。
<掲示委員会>
ポスター掲示やポスターの剥がれや傷みを直します。創造的な活動として、イベントなどのポスター作製や募集を行います。やりがいは、自分たちが作ったポスターをみんなに見てもらえることです。
<放送委員会>
担当の曜日に放送します。原稿読みを事前に何度も練習しています。機械の使い方も覚えます。さらに放送を聴いている人が楽しめるような放送内容も自分たちで考えます。これまで「先生紹介クイズ」も行いました。教室に帰って友達から「聞きやすかったよ」などと反応があるのがやりがいになります。
<体育委員会>
みんなに楽しく昼休みに一輪車小屋の開け閉めをするほか、みんなが楽しめる活動を考えます。球技大会やみんなで走る遊びなどを考えます。みんなが楽しく体を動かしてもらえる工夫を行います。
<栽培委員会>
花の水やりのほか、花に関するクイズやイベントを計画します。福田小を明るく、華やかにすることができる委員会です。
<美化委員会>
掃除用具入れの確認のほか、校内美化に関する放送やクイズなども行います。運動場や畑の草取りや運動会前の意思拾いなどを企画しています。学校をきれいにすることで、みんなの気持ちもすっきりして居心地の良い学校をつくります。
<保健委員会>
石鹸やトイレットペーパーの補充を定期的に行います。各学級に健康ファイルを配布するときにいろいろな先生に「ありがとう」と言ってもらえるのがやりがいになります。
<図書委員会>
図書室での貸し出しや返却作業のほか、本の消毒や図書室の人数管理、来室者への手指消毒の呼びかけなども行っています。スタンプラリーの台紙の作成やお薦めの本を放送で紹介することも行っています。いろいろな本を知ることができ、ボランティアの人にも「ありがとう」と言ってもらえるのがやりがいになります。
<給食委員会>
牛乳やパン、麺の片付けを手伝ったり、残りの数を記入表に書き込みます。手順など、最初は難しいことも多いですが、慣れてくると楽しいです。給食のことにも詳しくなれます。
<生活委員会>
日頃から廊下を走っている人に注意をしていますが、セーフティーウォークなどの放送も行います。知らない子に注意するのは少し緊張しますが、直してくれると学校の安全が増えて「あー、良かった」と思えます。

 5年生の委員会活動の開始時期を早めたのは、常時活動に早く慣れてもらい、いずれ学校をより良くするために自分たちにできることは何かを考え実践する「創造的活動」を充実してもらいたいとの願いからです。


14:58 | 6年生
2022/07/06

身近な道具で遊びを工夫(1年 生活)

| by 管理者
 昨日は台風の影響を心配する雨空でしたが、一夜明けたこの日(7月6日)は、本当に気持ちの良い晴天になりました。1年生の生活科では、これまで身近な道具でどんな遊びができるかを子どもたちで考えてきました。教師側も福田こども園での実践を参観し、活動を組み立てる際の参考にしています。

 今日は、これまで考えてきたことをもとに、みんなで一緒に遊びました。ペットボトルに水とアサガオのお花を入れて「色水」を作る子、うちわの紙をはがして芯だけにしたものでシャボン玉を作る子、マヨネーズ等の調味料のあき容器を使って的あてをする子など様々です。夏を十分に楽しんだ様子でした。ぜひ、楽しそうな子どもたちの様子を写真で感じ取ってください。
<色水づくり>

<シャボン玉>

<的あて>








13:26 | 1年生
2022/07/06

自分たちは高齢者に何ができるか(4年 総合)

| by 管理者
 4年生の総合的な学習の時間において「福祉」をテーマに様々な学習を行っています。5月18日にはアイマスク体験、6月22日には点字体験を行ったことをホームページでもお知らせしました。

 この日(7月6日)は、お年寄りの不便さを体験しました。人間は誰しも歳を取るということで、これまで以上に自分事として活動に取り組みました。この体験を通して、自分たちがお年寄りに対してやるべきことや手伝えることを考えようというのが目的になります。ゴーグルやイヤーマフをすることで、よく見えない、よく聞こえない世界を体験します。ひじやひざにサポーターをすることで、関節が曲がりにくくなることを体験します。さらに、足や手に重りをつけることで筋力低下により歩きにくくなることを体験します。これらの道具は市社会福祉協議会でお借りしました。

 前回のアイマスク体験と同様、教室前の廊下を通り階段の昇り降りを2人1組で行います。一人で歩くのはとても怖いことや、階段などはだれかの肩につかまっていないと上手に降りられないことを身をもって感じることができました。さらに、子どもたちは、アイマスク体験の時と比較して、介助の仕方も少し変えた方が良いことにも気づきました。




12:30 | 4年生
2022/07/05

今日は「吸わない」と決意する日に・・(6年 薬学講座)

| by 管理者

 この日(7月5日)の5校時は、6年生を対象に学校薬剤師を招いて薬学講座を開催しました。体育館はとても暑いので、クーラーが効いている第1音楽室を会場に行いました。先日は、5年生を対象に主にアルコールの害についてお話をしていただきました。今回は主にたばこによる害を中心にお話をしていただきました。

 冒頭、昭和41年には約84%の男性がたばこを吸っていが現在は約20%になっている、しかし先進7か国中では第1位であるという話がありました。さらに、たばこの害として①ニコチン(血液循環が悪くなる)②タール(発がん物質が含まれている)③一酸化炭素(身体の隅々まで酸素を届けられない)が挙げられるとも説明がありました。
 さらに、タバコを吸うことにより匂いに鈍感になることや、妊娠中に吸うことで、赤ちゃんへの悪影響も大きいことも付け加えられました。
 これらの説明をした後、学校薬剤師からは、「たばこだけで痩せることは絶対にありません。」「たばこを吸うかどうかの最後の決断は自分自身です。ぜひ、今日はたばこを吸わないと決意する日にしてください」と強い調子で子どもたちに訴えかけてくださいました。

 写真から分かるように、子どもたちは始終、真剣な表情で話を聴いていました。講話の後も「電子たばこや巻きたばこでも害はあるか」「たばこの種類によって人体への影響は違うか」「たばこと歯周病との関連は?」など矢継ぎ早に質問が飛び出しました。子どもたちにとって、関心の高いお話になったようです。


14:53 | 6年生
2022/07/01

アルコール依存症になると…(5年 薬学講座)

| by 管理者

 この日(7月1日)の5校時は、医薬品の正しい知識と薬物乱用防止の徹底を目的に、学校薬剤師を招いて、5年生を対象とした薬学講座を行いました。
 「医薬品の正しい知識」として、お薬の正しい飲み方や副作用が出たときの対処などについてお話をしていただきました。お薬はお茶で飲まないことや上を向いて飲まないことを教わりました。さらにお薬を正しく飲んでいても体がびっくりすることはある(副作用)ため、すぐに薬を飲むことをやめた方がよいことも教えていただきました。


 「薬物乱用防止の徹底」では、5年生は主にお酒による害(アルコール依存症)についてお話をしていただきました。アルコールを自身でコントロールできなくなると、善悪の判断ができなくなることや中毒で死に至ることもあるなどの弊害があること、依存症を治療しようとすると3か月程度の入院が必要になることなどを教わりました。
 子どもたちは、薬剤師の先生から教えていただいたことを熱心にワークシートにまとめていました。最後に養護教諭から「成人年齢が18歳に引き下げられても、お酒を飲んでもいいのは20歳からだよ。」と補足説明もありました。次回(7月5日)は6年生を対象に「たばこ」の害を中心にお話を聴くことになっています。


18:21 | 5年生
2022/07/01

ロング昼休みに2年生と4年生の交流

| by 管理者
 今年度は、「かかわりの中で優しさを・・」を重点の一つとして異学年交流を進めています。先日の35プロジェクト(3年生と5年生の交流)のついては、ホームページでお伝えしたところですが、この日(7月1日)のロング昼休みには、2年生と4年生の交流も行われました。
 この交流を通してお互いに仲良くなってほしい、そしてみんなの笑顔が増えますようにとの願いを込めて「にこにこ なかよし」活動と名付けられました。もちろん、「にこにこ」は2年の「2」と、「なかよし」は4年の「4」とも掛かっています。


 今回は、4年生が企画して、交流を進めました。各学級を半分に分けて、2年生と4年生の各教室を使用しました。まず、4年生の子どもたちの意欲の高さに驚かされました。写真をご覧になって分かるように、遊ぶための用具や景品などを授業や休み時間も利用して、みんなで協力していっぱい作ったようです。さらに、会を始める前に、教室内を掃除して場を整えたり、景品や用具を並べたりするなど2年生を迎え入れるための準備も念入りに行っていました。始めの会や終わりの会も事前に進行を考えてしっかり行いました。

 写真から分かるように、普段の授業等では見せないような表情を見せてくれる子どももいて、なんとも楽しそうでした。ゲームの内容も、フルーツバスケット、宝探しゲーム、ボーリングゲーム、福笑い…など多種多様で、子どもたちが一生懸命遊びの内容を吟味したことが分かります。



 「活動内容をこうすればよかった」「もっと2年生の子の名前を覚えられれば良かった」などと、やってみて初めて気づくこともあったようです。子どもたちが先生に頼らず、自分たちで試行錯誤しながら進めたからこそ、見えることも多かったのでしょう。





17:51 | 4年生
2022/06/30

思った以上に怖かった!(3年 総合)

| by 管理者
 3年生の総合的な学習の一環として、5月24日(火)に起震車体験を実施したことをお伝えしました。しかし、その際に天候不良のため、1学級のみ実施できていなかったため、本日(6月30日)の実施となりました。

 冒頭、磐田市地域づくり応援課の職員は、「この体験を通して、普段からどんな備えをしたら良いかを考えるようにしてください」とあいさつしてくださいました。



 いよいよ3~4人ずつ起震車に乗り込み、南海トラフ地震を想定した震度7クラスの「揺れ」を体験しました。「机の脚などを持っていないと自分が倒れてしまう」「知らない間に足を擦っちゃったよ」「「思った以上に怖かったよ」など、口々に感想を言い合っていました。


10:24
2022/06/29

歯科衛生士に歯磨き指導をしてもらいました(4年 学級活動)

| by 管理者
 この日(6月29日)は、歯科衛生士2名に来校していただき、子どもたちに歯磨き指導をしていただきました。磐田市こども未来課は、小学校4年生を「親による仕上げ磨きを卒業し始める時期」と位置づけ、この時期にセルフケア能力の向上を図りたいとの目的から、各校に歯科衛生士を派遣するということを行っており、その一環として本校にも指導を行うために来校していただいたということです。1学級1時間ずつ、計3時間を使って指導していただきました。
 虫歯がどのようにできるか、正しい歯磨きの仕方はどうすべきかなどを話していただきました。さらに、子どもたちは自分が普段使っている歯ブラシを持ってきており、毛先が広がりすぎていないか、大きさは自分の口に合っているか、歯磨き粉はどの程度つければよいかなどを一緒にチェックしていきました。


 子どもたちの中には、「歯垢」や「歯周病」などの専門用語なども知っている子も多く、歯を磨くことへの意識や関心の高さがうかがえました。歯科衛生士のお話にも真剣に耳を傾けていました。


16:20 | 4年生
2022/06/29

写真で振り返る「町たんけん」(2年 生活科)

| by 管理者
 学区にはどのような施設があり、どのような思いで働いているのかを、実際に見たり聞いたりしてみようというのが、この日(6月29日)の「町たんけん」の目的です。子どもたちは、初めて入るような場所に入れるとあって、とてもワクワクしてこの日を待っていました。子どもたちの願いも天に届いたのか、とてもいい天気のなか、たんけんスタートです。さらに、子どもたちの活動をサポートするために、15名の保護者がボランティアとして一緒に歩いてくださいました。


 学区内にある施設のうち今回は7か所を選び、全体を6グループに分けて探検しました。1つのグループは、2~3か所の施設見学をしたことになります。
 子どもたちは、事前に考えていた質問に加え、実際にたんけんする中で感じた疑問も、率直にぶつけていました。では、子どもたちの様子については、簡単に写真で振り返ることにします。
【コーデュロイハウス】



【郵便局】

【福田交流センター】


【メロン農家】
【消防署】

【福田交番】


【福田支所救急指令センター】





15:08 | 2年生
1234
1072192
2022年7月4日(月)100万アクセスを越えました。
今日の一枚
新規フォトアルバム

7月22日(金)の学年掲示板からを開きます。
5枚
7月22日(金)の学年掲示板から

登録者:管理者 | 2022/05/18