新規日誌3 >> 記事詳細

2022/01/06

3学期始業式での校長挨拶(有終の美)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 2022年(令和4年)がスタートしました。皆さん、あけましておめでとうございます。今年は寅年です。昨年度の「丑」は「粘り強さ」の象徴とも言われていましたが、今年の「寅」にはもともと「動き始め、胎動」といった意味があり、強く大きく成長するといったことを表しています。

 3学期は、今年度の仕上げと次にやってくる学年への準備をする学期です。「有終の美」という言葉を知っていますか。何かをやり始めることは誰でもできますが、終わり(最後)までやり遂げることは難しく立派(美しい)という意味です。飛行機だって、高く遠くへ飛ぶためには、その前にしっかりと走らないといけません。次の学年に向かって大きく羽ばたくためには、この3学期はしっかりと走り切ることが大事です。

 さて、1月からの「種のクール」でのキーワードは「感謝」です。手始めに、できるだけたくさん「ありがとう」を言いましょう。外国の大学での研究で面白いのがあって、「自分は恵まれているなあ」と感じたことを毎週定期的に書き出すようにしたグループはそうしなかったグループに比べて人生をより前向きにとらえ、満足感を持つ傾向が高まったというのです。つまり、まわりに感謝する人ほど幸せを感じることができるというわけです。どうですか?「ありがとう」を言うだけならタダです。こんな簡単なことで周りも自分も幸せになれるのなら、やってみる価値はあると思いませんか?

 3学期は学校に来る日が49日です。ぜひ、有終の美を飾るためにしっかり走り切ること、さらにまわりに「ありがとう」をいっぱい振りまく、そうすることで、幸せな学校生活を送れること間違いなしです。応援しています。


09:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
811921

福田っ子 ~  点 描  ~