磐田市立福田小学校

Tel. 0538-55-2129  Fax. 0538-55-2766
〒437-1205 静岡県磐田市下太380番地



 

学府教育目標:互いを認め 未来をともに創る子
※ 令和4年度より、はまぼう学府内小・中学校の教育目標を学府教育目標に合わせることとしました。

 

グランドデザイン

本校グランドデザイン(令和4年度版)を掲載します。昨年度からの変更点は、以下の4点に集約されます。

1 教育目標をはまぼう学府内小中学校で統一しました。
令和4年度からは、はまぼう学府の子供たちに必要な力は何か、9年間をどのような形で育てていくのかを小中学校が同じ目標をより意識して取り組む必要があると考え、学府教育目標を再検討するとともに、はまぼう学府内小・中学校の教育目標を学府教育目標に合わせることにしました。
2 昨年度以上に「かかわりいっぱい、優しさいっぱい」の学校を目指します。
昨年度に実施した学校評価アンケートから、子どもたちはもとより保護者も、中学校卒業時には「優しい人」になりたい(なっていてほしい)と願う割合が高いことが分かりました。
そのため、異学年を含む子ども同士のかかわり、地域の人々とのかかわり等の機会を意図的に創出することで、相手の思いを想像し、優しい態度で接する子どもに育つ学校を目指したいと考えています。
3 子ども自身で考え実践する場と機会を増やします。
昨年度に実施した学校評価アンケートから、教師や親などの大人から指示され自身も納得したことはきちんと取り組む一方で、指示待ちの傾向があることが分かりました。さらに、自分や自分の身近にあるリソース(資源)に目を向けられず自己評価が低いために、粘り強く取り組みやり遂げようとする態度に課題が見られる傾向があることも分かりました。
そこで、学習面、生活面に加え、学校行事等の様々な場面において子ども自身で考え実践するよう投げかけていきたいと考えています。
4 自他ともに大切にする意識を高めます。
先に述べた本校児童の実態から、今後の目指すべき子ども像として、「自他ともに大切にする子」を挙げたいと考えます。特に、食育や安全指導など「体の健康」に関する教育や、逆境や困難な状況を乗り越える「回復力」(レジリエンス)や相手を貶めることをせず他と協力しながら自身も高めようとするような望ましいコミュケーション力など「心の健康」に関する教育にも力を入れていきます。

 
1072203
2022年7月4日(月)100万アクセスを越えました。
今日の一枚
新規フォトアルバム

7月22日(金)の学年掲示板からを開きます。
5枚
7月22日(金)の学年掲示板から

登録者:管理者 | 2022/05/18